ラクトフェリンがノロウイルス予防になるとか

ラクトフェリンとは
多くの哺乳動物の乳に含まれているたんぱく質で、
鉄分の吸収を調整やビフィズス菌を増やす働きをします。
母乳では出産後3日間に出る初乳に最も多く含まれています。

生まれたばかりの赤ちゃんに母乳を飲ませることで
さまざまな感染症から赤ちゃんを守るんですね。

さてそんなラクトフェリンですが
近頃、ラクトフェリンがノロウイルスの予防になるのではと話題になっています。

ラクトフェリンが、
ノロウイルスが腸管に付着するのを妨げる働きをする可能性があると考えられているそうです。

ノロウイルスには予防のワクチンも特効薬もないので
手洗やマスクなどで予防するしかありませんが
ラクトフェリンをとることでノロウィルスから体を守れるとなれば心強いですね。

 


スポンサードリンク

このページの先頭へ