いびき対策に抱き枕で寝る

主人のいびきがうるさくて眠れません。
毎日ではないけど、お酒を飲みに行った日とか特にいびきをかいてる。
なかなか寝つけないときなんて腹が立ちます。

「明日は朝が早いのに~」「仕事が忙しいのに」「〇〇に行かないと…」など
何か用事がある前の日に限ってなかなか寝つかれないときってありますが
そんな時にいびきに妨害されて眠れないと本当にイライラします。

眠れないときに聞こえてくるいびきってホント迷惑・大迷惑です!

ところが
「昨日いびきかいてた、うるさかった」と朝起きたら子どもに指摘されました。

「え、いびき?誰が? 私?」
人のことばっかり言ってたけど、まさか自分もいびきをかいていたなんて・・・

寝てしまってる自分には、もちろんいびきをかいてるとかかいてないとか
わかりません。

「昨日、朝からずっと出っぱなしだったから疲れていたのかな?」なんて
言ったものの、いびきが SAS睡眠時無呼吸症候群の症状のひとつだという
情報を知っているので、
「いびきうるさい!」と主人に言ってたことを反省しつつ、こわくなりました。

いびきがすべて睡眠時無呼吸症候群ではないから
まずいびきを改善できるようなことを調べてみました。

いびきには「鼻いびき」と「のどいびき」があって、
鼻いびきの方には、口にはるテープ、のどいびきの方は鼻に入れて鼻腔を広げる対策グッズが
市販されていました。
口にテープを貼ったら苦しそう。
鼻腔を広げるのは、鼻づまりのときに使ったことがあって鼻が通って楽だったと覚えがあります。

あと、マウスピースもいびき防止に効果があるみたいです。
子どもが歯科矯正で寝るときにはめるマウスピースを作ってもらったことがあるのですが
歯ぎしりだけでなくいびきにも効果があるようです。

市販されているマウスピースはお湯であたためて自分の口に合ったように
形作られるようですが、なかなかフィットしないような。
子どもが歯科で作ってもらったものでも慣れるまで嫌がっていましたから。

そして、簡単にできそうないびき対策を調べていて、
いちばん、自分ができそうないびき対策は抱き枕をかかえて横向きで寝るという方法。
仰向きで寝ると気道がせまくなってそれでいびきをかきやすくなるんだとか。なるほど。
風邪をこじらせてるときなんか仰向けで寝ると息苦しく感じたりしますもんね。

さっそく押し入れに眠っている抱き枕をひっぱりだしてきて
抱き枕をかかえて横向きに寝ています。
なんかいびき対策もそうだけど抱き枕で寝ると体が楽で落ち着いた気分になる。
すごい、抱き枕。

それから、いびきのことを指摘されないけど、いびきをかいてるところを
見つけられていないだけか、抱き枕効果でいびきをかいていないのかそれはわかりませんが
抱き枕がとても安眠できるものだとわかりました。

抱きつきやすい抱き枕を見つけました。
この形、きっと横にあると誰もが思わず抱きついてしまうんでしょうね。


スポンサードリンク

このページの先頭へ