白い運動靴を洗うと茶色のシミが出る原因

白い運度靴はよごれが目立つのでさけてきましたが
中学校では通学靴は白という校則があるので
しかたなく白の通学靴をはかせています。

中学に入ってしばらくして、白はよごれが目立つから早めに洗おうと
運動靴を洗ったのですが・・・
乾かしてた白の運動靴を見てビックリ。

ところどころに茶色のシミができています。

白い運動靴を洗って乾いていくと茶色のシミがでてきて
驚いたという経験をした人は私だけではないはず。

本当にショックでした。

何か付着してたのか、たまたまこの運動靴に不具合があったのか。

後日、他の白い通学靴を履いていて、またよごれてきたので
心配だったけど洗ってみると

やっぱり時間がたって乾いていくと茶色のシミ。

洗剤をたくさんつけて、ブラシでゴシゴシこすっても
乾くとやっぱり茶色のシミが出現。

そして、いろいろ調べていくと原因がわかりました。

白い運動靴を洗って茶色のシミが出るのは
洗うときのすすぎ不足。
運動靴に洗剤が残っているのが原因
だったのです。

白い運動靴だから、たくさん洗剤をつけて洗おう。
茶色のシミが出たからもっと洗剤をつけて洗おうと
洗剤をたくさんつけたことがかえって茶色のシミを出すことになていたみたいです。

洗剤を使った後、十分にすすげていなかったのが
茶色のシミの原因とわかったので
茶色のシミが目立つところには、ハイターを部分的につけて
もう一度洗いなおして、念入りにすすぎました。

すると白い運動靴がきれいになりました。

それからは、白い運動靴を洗うのはすすぎを十分にすることと
洗剤をたくさんつけなければいけないほど
よごれる前に早めに洗うということに気をつけています。


スポンサードリンク

このページの先頭へ