おでんを作ろうと思って大根を買ってきました。

その大根を切る前に、冷蔵庫に使いかけの大根が半分残ってたから、それから先に切ってみると
・・・・・緑色

大根切ると緑

左が買ってきた大根。
右が冷蔵庫に入れてた大根。

明らかに色が違います。

この前、この緑の大根を使った下半分はふつうに白色でした。

なんで、こんな緑色なんだろうと考えるより
食べても大丈夫なのか気になりました。

残ってるのに捨てるのももったいない。
でも食べておいしくないのもいやだけど、体によくないとかだったらこわいのでとても気になりました。

実は、数週間前に『鍋』をしたときに入れた大根が消毒臭くて食べれなかったということがあったので
大根にちょっと神経質になっていました。
この鍋をしたときに消毒臭を感じなかったら、今回の緑の大根もそんなにきにならなかったかもしれません。

調理中だったので
「この大根が食べれるかどうかヤフー知恵袋かなんかで検索して!」と叫ぶと、主人がスマホ片手に
「大丈夫みたい、わざわざ緑色の大根を買う人もいてる」と言うのでそのまま下ゆでをしておでんに投入。

 

色をくらべるためにおでんの中の白い大根と緑色の大根をかさねてみました。

大根を切ると緑

やっぱり色の違いがよくわかる。

緑色の大根の味はふつうにおいしかたです。

でも、気になったのであとで調べてみると、青首大根の上部は緑色の場合もあるということでした。
青首大根という大根は今までも何度も買ってるけどここまで緑色のものは初めてだったのでびっくりしました。

青あざ症・青変症の大根って?

緑の大根のことを調べるともっと見た目がびっくりするような大根もありました。
画像を見ると「ぜったいヤバい」と思ってしまうような大根の断面で、私が食べた緑の大根なんて「これのどこが問題あるの?」と思ってしまうぐらいでした。

その大根って青あざ症や青変症(せいへんしょう)というものです。

生産地の環境などでおこる生理現象で、大根に含まれる成分アントシアン色素が変化するためにおこったりします。
青あざ症や青変症という大根でも食べても問題がないんです。

でもきっとスーパーで買った大根を切って青あざ症の大根だったらびっくりすると思う。
捨てるか、スーパーに連絡するか。

スーパーに連絡しました

実は、大根を切ると青あざ症と思える大根を買ったことがあるんです。
ネットの青あざ大根の画像の中では見た目がまだまし、軽度のものでした。

切口が明らかに変なのでスーパーに電話しました。
本当にこの大根が青あざ症なのか不安で、そのまま使う勇気がなく「大根を切ったら青いんですが、ネットで見ると青あざ症っぽいんですが食べれますよね。」と確認しました。
すぐ近くのスーパーなんですがわざわざ見に来てくれました。
そして「食べれるけどあんまりおいしくないですからね」と新しいものと交換までしてくれたんです。

消毒の臭いのする大根

ついでに大根が消毒の臭いがしたこともあったのでそれも調べてみました。

大根には「イソチオシアネート」という辛味成分が含まれていて、切ったりゆでたりするとこの成分が分解して「ジメチルジスルフィド」という物質ができて、おいを感じることがあるんだそうです。
だから切ったときは別に何も感じなかったのに、鍋でぐつぐつして食べようとしたときに消毒っぽい薬のような臭いがしました。

この場合も食べても大丈夫らしいけど、私は臭いで食べれなかった。

そしてこの薬っぽい臭いがすることがある野菜は大根だけでなく、大根、ブロッコリー、キャベツ、カリフラワー、白菜、小松菜などアブラナ科の野菜でおこりえます。

まとめ

中が青くても青あざ症という生理現象で起きるものがあって食べることはできます。
でも本当に食べれるのか心配になりますよね。

そして、それが本当に青あざ症なのか腐っているのかわかりません。
だからやっぱり気になったら購入したお店に問い合わせてみるのが安心だと思います。

そして緑色の大根でもうひとつ気になることがあって
主人が「わざわざ緑色の大根を買う人もいてる」と言ってたこと。
たぶん主人が言ってたのは『ビタミン大根』のことかな?と思いました。

スポンサーリンク