加齢による毛穴の開きの種類と対策

毛穴の開きが気になりませんか?

毛穴が開くというと皮脂、ニキビとか若い肌のイメージがありますが
肌の老化でも毛穴が開きます。

肌の老化でおこる毛穴の開きは
肌の水分不足、肌の潤い不足が原因です。

肌の老化というとしわ・たるみ・くすみがあげられますが
加齢による毛穴の開きという肌の老化もあります。

そして加齢による毛穴の開きといってもいろいろあります。

◆加齢によるコラーゲンの減少で肌のハリや弾力が低下すると皮膚がたるんでいきます。
 肌がたるむのと同時に毛穴も下に引っぱられたるみ毛穴ができます。
 
たるみ毛穴は縦に開いているからたて型毛穴と言われたり
 下に長く広がり、なみだ型に見えるのでなみだ毛穴とも言われます。
 同じ意味でしずく型に見えるからしずく毛穴とも言われます。

頬の毛穴が下に開くたるみ毛穴、なみだ毛穴、しずく毛穴の状態になっていると
肌もたるんでいっているということになります。

◆ホルモンバランスの乱れや肌のハリや弾力が低下で大きくなった皮脂腺が
 毛穴の入り口を奥へ奥へとひっぱり毛穴をより大きく深く目立たせてしまう結果、
 毛穴がぽっかりと空洞化してしまう空洞毛穴というのもあります。

◆肌の乾燥により皮脂が分泌されやすくなってできる乾燥毛穴。
 乾燥してると肌がガサガサなようですが
 皮脂は分泌されやすくなるんです。

◆毛穴につまった皮脂や汚れが酸化すると黒くなりますが
 そういった毛穴は黒ずみ毛穴と言われます。
 
 若い人でも、いちご毛穴と言われる鼻の部分の毛穴に黒い毛穴がよく見られますが
 汚れが酸化してるというほかに、毛穴がシミ状態にっているとか
 肌の老化で大きく開いた毛穴の陰影で黒く見えているという場合もあります。

◆帯状毛穴という種類もあります。
これは、たるんでできて開いた毛穴、ひとつひとつの毛穴が
つながって帯状、線状に見えてしまう毛穴です。
 
 たるんで開いた毛穴と毛穴が小じわでつながった状態になってみえます。
  
 帯状毛穴ができた肌は小じわも多くなり老けた印象になります。

こうした加齢毛穴を改善するには、洗顔や保湿などのスキンケアが重要ですが
それに加え、老化で減少しているコラーゲンのサプリメントなどを利用して体の中から改善する
という方法もあります。



スポンサードリンク

このページの先頭へ