乳和食でおいしく減塩調理

乳和食って何?
このまえ、チラッと見たメタボなんかの栄養のパンフレットに載ってた乳和食(にゅうわしょく)という言葉

乳児用の和食というか、和食の離乳食を想像したのだけど
チラッと見て覚えてるのが
「乳和食」「減塩」という文字と味噌汁の写真

メタボの栄養のパンフレットだったしきっと離乳食でなく大人用のものだと思い
減塩に関係あるのは、高血圧の主人がいてるので調べてみた方がいいと調べました。

乳和食とは、おかずをつくるときの調味料に牛乳を加えるというもの。
しょう油や味噌やだしのもとなどの調味料を減らして、牛乳を使用する。
そうすることでしょう油や味噌やだしのもとを減らしても、牛乳のもつコクやうまみでおいしくなります。

しょう油や味噌やだしのもとなどを減らして牛乳を加えると大幅に減塩できるし
不足しがちなカルシウムも補うことができるという効果が期待できます。

「うちでは味噌汁に牛乳を入れる。」
「インスタントのみそラーメンを水の代わりに牛乳でつくったらおいしい」
乳和食って何か調べてたら、
むかし、そんなことを言ってた子がいたのを思い出しました。

そのときは「牛乳でラーメン?」「味噌汁に牛乳?」とびっくりました。
「おいしいからラーメン作ってみ」と言われ「ぜったいムリ」と思いましたが
味噌と牛乳って合うんだなぁと今になって思いました。

そう言えば味噌ラーメンにバターが入ってたりするし。

味噌だけでなくしょう油をつかった煮物なんかも味がまろやかになるみたい。
牛乳で煮魚もさかなのくさみが消えるだろうし。

煮物や味噌汁に牛乳を入れるなんて考えられないと思ってたけど
おいしく減塩できそうだし、カルシウムがとれるというのもいいなと思います。

牛乳で味付けをするなんて言ったら主人は「ふつうに作って」といやがるだろうから
主人に内緒で作ってだしてみよう。
これで減塩できるなら簡単で安上がりです。


>>>目からウロコのおいしい減塩 乳和食


スポンサードリンク

このページの先頭へ