豆苗は1週間で再収穫できる

青い野菜で今まで食べたことのないものを食べてみようとさがしてみました。
買ったのは豆苗(とうみょう)。
カイワレ大根のようなブロッコリーのスプラウトのようなそんな見た目。
豆苗

豆苗というのはえんどう豆の若菜で、緑黄色野菜です。
そして豆と葉物野菜のどちらの栄養ももちあわせています。

豆苗の袋に印刷されてたものによると
『ビタミンCがほうれん草の2.1倍、βーカロチンが小松菜の1.5倍、食物繊維が
じゃがいもの2.4倍』

初めて食べるのでどんな風に作ったらおいしいのかわからなかったので、
袋に印刷されていたレシピ、ベーコンといためて塩コショウで味を調えるというのを
作ってみました。
豆苗とベーコンのソテー

子どもが食べてくれるか心配だったけど、パクパク食べていました。
しゃきっとした食感で食べやすくておいしい。
豆苗は安いからこれからも使いたい。

そして、豆苗にはこれだけではないお楽しみがあります。

豆苗は再収穫できます。
残った根と豆を水にひたしておくと新しい芽がでるんです。

豆苗再生
これぐらい下部分を残して水につけます。
豆苗の2分の1だけをお菓子に入ってたプラスチックの容器に入れました。
豆苗の豆の部分ががひたってしまわない程度の水を入れておきます。

置き場所は明るい室内、私はキッチンにおいています。
1日1~2回水をかえるだけです。キッチンにおいてるから水もかえやすい。
  
そして1週間後、ここまでのびました!!

ちょっと料理に青いものがほしいときの添えや、お弁当に青いものがちょっと
足りないときに切って入れたり重宝します。

再生した豆苗は、日にちがたつと色が少し薄くなり、のびると広がってくるので
いいところで収穫したらいいと思います。


スポンサードリンク

このページの先頭へ