昭和の日の名前の由来など

昭和の日である、4月29日は昭和天皇の誕生日です。

昭和天皇崩御までは、4月29日は天皇誕生日で祝日、
ゴールデンウィークの幕開けの日でした。

そして、崩御後、天皇誕生日は『みどりの日』に名称がかわりました。

どういう名称にするか話し合いにおいて
「昭和天皇は植物に造詣が深く、自然をこよなく愛したことから『緑』にちなんだ
名がふさわしい」というような意見が多数出て決まったそうですが
みどりの葉っぱ
そう言えば、私は子どもの頃
昭和天皇が
「雑草という名前はない。どんな草にも名前がある。」
というようなことをおっしゃっていたということを聞いて
感動したことを覚えています。

『みどりの日』の名前の由来というものを、あまり考えたことがなかったのですが
なるほどな、と今さらながら思いました。

そして、2007年以降は『みどりの日』は、5月4日に移動して
4月29日は『昭和の日』にかわったのですが

これは、多くの国民の要望を受けたことによって、
国会で国民の祝日に関する法律が改正されました。

国民の祝日に関する法律によると
『昭和の日』は
「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」
という意味がこめられています。

昭和は本当に激動の時代でした。
日本がこのように発展したのも昭和の時代。

なにか、平成の時代とはことなる、独特な時代です。

そして、昭和の時代にうまれた私自身も
『みどりの日』より『昭和の日』のほうがしっくりするような感じがします。


スポンサードリンク

このページの先頭へ