キャベツ丸ごと節約レシピ

消費税が8%あがりました。
スーパーでの日々の買い物など少額なので、+3%の増額ぐらいならそんなに気にしなくてもと
思っていましたが、そんなことはなかった。
やっぱり5%から8%の消費税増税は家計に負担がかかってきます。

食費を減らすといっても、食べる楽しみや、健康のことを考えるとむやみに買い控えというのはできない。

ならばお得な食材でおいしくおなかいっぱいになろうと最近では、
料理の本やインターネットのレシピ検索なんかも活用しています。

今、節約レシピとして、うちの食卓によくのぼるのがキャベツです。
キャベツ

キャベツはビタミンが豊富で食物繊維もたっぷりなので毎日食べるといいですし
味もくせがなく、そのまま食べて、煮ても、炒めても、あえてもいいし
和洋中といろんなレシピで作るとレパートリーがひろがります。

また、丸ごと買っても、葉物のようにいたみが早くくることもなく長くつかうこともできます。
私はキャベツを丸ごと買ったら芯の部分を水を含ませたティッシュペーパーでくるんでいます。

◎お肉や冷蔵庫の残っている野菜と多めのキャベツを入れて炒めるとボリュームのある野菜炒め。
味つけは、塩コショウでととのえて焼き肉のタレをからめるとごはんがすすみます。

◎キャベツを大きく切って、玉ねぎ、にんじん、ジャガイモ、ウインナーやフランクフルトといっしょに
コンソメで煮込んだポトフもおいしいです。

◎白菜のかわりにキャベツをつかった中華丼

◎みそ汁の具に使うこともあります。
キャベツ、もやし、豚肉で作ります。

◎サラダやあえ物、酢の物、漬物

キャベツって淡泊なので、ほかの材料やいろんな調味料と相性が抜群です。

あと、よく昼ごはんに手抜き節約料理で作る丼物でキャベツを使うことも多いです。

基本は丼にご飯を入れて、千切りしたキャベツ(生のもの、ボイルする時もあり)をご飯の上に敷きます。
その上にマヨネーズをかけます。

そしてその上に、目玉焼きをのせて目玉焼き丼
目玉焼き+ミートボールやハンバーグでロコモコ丼
炒めたウインナーをのせたウインナー丼

キャベツは切って放置してると切り口が黒くなってくるのでそこだけ切り落して使います。

キャベツは冷凍することもできます。
ジップロックなどの冷凍保存袋に入れ、平らになるように手で押さえて、空気を抜いて冷凍します。

キャベツは無駄なく丸ごと使えるまさに節約食材です。


スポンサードリンク

このページの先頭へ