新玉ねぎの保存方法で長持ちさせる。

新玉ねぎをたくさんもらいました。
新玉ねぎ

新玉ねぎは、ふつうの玉ねぎよりも足がはやくて、時間がたてばずるっとなってきます。
たまにスーパーで買うネット入りの新玉ねぎの一部がいたんでいたということもありました。

全部は無理だとしても、冷蔵庫に入るだけでも入れようと新玉ねぎの処理をしました。

まず、新玉ねぎの上部を包丁でカットします。
新玉ねぎの上の部分を切る。

次に根の部分を包丁でカットします。
この新玉ねぎの根の部分をカットすると中心から出てる芽が伸びないそうです。
新玉ねぎの下の部分を切る。

そして、それらを1個ずつラップにくるんで冷蔵庫に入れます。
新玉ねぎをラップで包む。
ここまでしてると、調理の時に皮をむく手間がはぶけて楽なんですよね。

新玉ねぎは、これでも早めに食べないともったいないことになってしまうんで
毎日、玉ねぎを使ったものを1品作っています。

一番、多いのがスライサーでスライスして水にさらしてしぼったあと、ポン酢をかけて食べる
オニオンスライスです。鰹節をかけてもおいしい。

玉ねぎはみじん切りやスライスをしてから冷凍保存もできるのだそうです。
カットして冷凍すると、玉ねぎの繊維がこわれて、加熱したときに甘みが増して調理も早くできるということ
なので時間のあるときにみじん切りをしてストックしようと思います。


スポンサードリンク

このページの先頭へ