小学生の女の子へホワイトデーのお返し

バレンタインが終わったと思ったら、もうホワイトデー商戦が始まりましたね。
スーパーへ行くとホワイトデーのお菓子が
イベントコーナーにずらりと並んでいました。

子どもの頃は、ホワイトデーってバレンタインデーにチョコレートをもらって告白されて
その返事がOKなら、ホワイトデーにマシュマロを渡す日だと思ってましたが
お返しの日、とにかくチョコレートをもらったらお返しする日のようになってますね。
お菓子もマシュマロだけじゃなく、クッキー、キャンディ、チョコレートなんでもあり。

奥さんが、会社でご主人がチョコレートをもらってきたらそのお返しのために
ホワイトデーの用意をする。
また、息子がチョコレートをもらってきたらそのお返しのものを買う。

スーパーに並んでるじたい、女性をターゲットにしてますよね。
このコーナーで男性たちがホワイトデーのプレゼントを選ぶというのが想像できない。
ホワイトデーってバレンタインデーほど盛り上がらないです。

去年、息子がチョコレートをもらったのでお返しをしました。
ものすごくかわいい手づくりチョコでラッピングも凝っていて
なんか、すごくお金がかかっていそうでしたから、何を返そうかとちょと悩みましたが
小学生の女の子が好きそうなかわいい入れ物に入ったお菓子を用意しました。

お友だちのお母さんは、手づくりチョコをもらったということで
息子といっしょに手作りクッキーを焼いて渡したそうです。
それもいいなぁと思いました。

そして今年のバレンタインデーにもチョコレートをもらいました。
今の子はオープンですね。
ピンポーンと鳴ったからインターホンに出ると
「チョコレートもってきました!」って。

今年はまた別の女の子からももらったのですが、どちらも手づくりチョコ。
好きな男子に手作りチョコをあげる・・・小学生の女子らしくてかわいいなぁ。

うちも、友だちのように息子と手作りのお菓子をつくってあげようかなぁとか思うけど
息子がいやがりそう。

二人とも、手づくりチョコレートの材料費も箱やリボンも
すごくお金がかかってそう。
うちの娘が友チョコをつくるのに材料を一緒に見にいったからけっこうお金がっかってる
ということがわかるんです。

息子にチョコレートを手作りしてくれたことが母親としてうれしいんですよね。
当の息子はバレンタインとかそんなの無関心というか
男子は女子にくらべて精神的に幼いんですね。

一応お返しで考えているのは、ホワイトデー用に売っている小さいお菓子と
キラキラしてたりチャームのついてるような鉛筆の予定です。
プレゼントは後に残らず、消費するものを考えています。


スポンサードリンク

このページの先頭へ