プリザーブドフラワーは作ると安い

プリザーブドフラワーとは生の花から作られた枯れないお花です。

プリザーブドフラワー
プリザーブドは保存されたという意味なんです。

プリザーブドフラワー専用のグリセリン成分の入った保存液を使うことによって
みじみずしく鮮やかな風合いのお花ができあがります。

プリザーブドフラワーは、字面をパッと見た印象でか
ブリザードフラワーと思ってしまって
ブリザード=花を凍らせて作られたものだと思っている方もおられるようですが
そうではありません。

生の花から作って保存というとドライフラワーが思い浮かびますが
ドライフラワーとのちがいは…

ドライフラワーは、目的の草花を風通しのよい日の当たらない場所につるして
自然乾燥させたり 
シリカゲル(乾燥剤)をつかった方法で作ります。

ドライフラワーは時間がたっていくと色あせしていったり
乾燥してパラパラとおちてきたり
カラーもどうしても暗めな色合いといった感じです。

プリザードフラワーは、専用の保存液を使うのでみずみずしさを保てるし
カラーも明るい。

プリザードフラワーは、水やりも不要できれいな状態を保つから
お手入れもしなくていいというのも人気のポイントです。

でも、直射日光と湿気に弱いです。

特に湿気が大敵なので、湿気対策に気をつけるとより長持ちします。

市販のプリザーブドフラワーは豪華で
プレゼントとしても喜ばれるし、自分の部屋にも飾っておきたいと思うけど
けっこう高価です。
プリザードフラワー花束
プリザーブドフラワー作製液やプリザーブドフラワーキットを利用すると
自分の好きな花で作れるしコストがおさえられます。
(プリザーブドフラワーに適さない花もありますが、)

そして、プレゼントされた花やお気に入りの花など、思い出の花を
長期間楽しむことができます。
 ⇒かんたんプリザーブ 3色 / クラフト☆送料無料☆かんたんプリザーブ 3色(1セット)


スポンサードリンク

このページの先頭へ