ワンタッチテントのたたみ方のコツ

ワンタッチテントを購入して、今年はおでかけを快適に過ごせています。

特にプールではテントがあったので猛暑もしのげて大助かりでした。
お昼に食べるお弁当を置いておくのもテントの中なら日が当たらないし
ちょっと着替えたいときも、更衣室まで行かなくてすむし
小さな空間だけどプライベートを確保できます。
(前面は広くあいてるので布やバスタオルをつるしておくと中が見えなくより安心です。
まぁテントの中を覗き込んだりする人はいてないでしょうが。)

購入したのは、このテントですが、広げると思ったより広いです。

専用の袋から取り出すといきなりパッと開いてテントになるので本当に楽ですが
このテントを袋にしまうときが一苦労。
折りたたんでる途中でちょっとでも手が離れたりすると
パッとテントになってしまうんです。

この販売ページの中にテントのたたみ方の手順の画像が載ってるし
動画でもテントのたたみ方が見れます。
とても簡単そうにたたんでるけどなかなか簡単にはたためません。
コツをつかむまでは「たまたま、たためた。」という感じでした。

うちもプールに行ったとき帰り支度でワンタッチテントをたたむのに
苦労している人たちを何人か見ました。

何度もたたんでは、テントに戻り、また折り曲げてると、つぶれてしまううんじゃないか
中の鉄が折れてしまわないかと心配になりますが、
「折れてしまったら折れたとき」と割り切らないとたためません(笑)
でも本当に大丈夫でした。何度も何度も折り曲げたけどずっと使えていますから。

そしてテントのたたみ方のコツをつかめました。

テントをぺったんこにたたんで、フレームの両側を持って上下にたたみます。
ここまでは簡単にできます。

次からが問題です。
手のひらが外側にくるように持ち直します。そして右手で輪を作ります。

この手のひらが外側にくるように持ち直すことができない。持ちにくい。
力が入らない。右手で輪なんて作れない。
手順の画像や動画を見てもあんなに簡単にたためない。

あるとき、両手を外側に持ちなおすとき、「ちょっとここを押さえてて。」と
左手で持っている部分を子どもに押さえてもらって
右手の方を両手で輪を作ろうと形作ると
ウソのように一瞬でパッと輪になってたためました。

それからは、本来 左手で押さえておく部分を押さえてもらて、両手で輪を作ると
本当に簡単にたためるようになりました。

もしたたみにくいと思っているなら、誰かに押さえててもらってたたんでみてください。
そして、一度も使っていない人は、まず家でワンタッチテントをひろげて
たたむ経験をしてからアウトドアでつかうと安心です。


スポンサードリンク

このページの先頭へ