大根を切ると中が緑色でした。食べても大丈夫?

おでんを作ろうと思って大根を買ってきました。

その前に、冷蔵庫に使いかけの大根が半分残ってたから
それから切ろうと切ってみると
・・・・・緑色

白い大根と緑の大根

左が買ってきた大根。
右が冷蔵庫に入れてた大根。

明らかに色が違います。

この前、この緑の大根を使った下半分はふつうに白色でした。

なんで、こんな緑色なんだろうと考えるより
食べても大丈夫なのか気になりました。

『鍋』をしたときに入れた大根が消毒臭くて食べれなかったということが
数週間前にあったので、大根にちょっと神経質になっていました。

調理中だったので
「この大根が食べれるかどうかヤフー知恵袋かなんかで検索して!」と調理を続けていると
主人がスマホ片手に
「大丈夫、わざわざ緑色の大根をさがして買う人もいてるみたい。」と言うので
そのまま下ゆでをしておでんに投入。
おでん大根

色をくらべるためにおでんの中の白い大根と緑色の大根を
かさねてみました。

やっぱり色の違いがよくわかる。

味はふつうにおいしかたです。

でも、気になったのであとで調べてみると、青首大根の上部は緑色の場合もあるということでした。
青首大根という大根は今までも何度も買ってるけど
ここまで緑色のものは初めてでした。

調べるともっと見た目がびっくりするような大根もあって
大根に含まれる成分アントシアン色素が変化するためにおこる青あざ症や青変症というのもありました。
青あざ症や青変症という大根でも食べても問題がないと
農林水産消費安全技術センターのホームページにも載っていました。

私ならこのことを知らなかったら、ぜったい悔しい思いで捨ててると思う。

緑色の大根でもうひとつ気になることがあって
主人が言ってた「わざわざ緑色の大根をさがして買う人もいてるみたい。」というのは何?ということ。
切ってみないとわかないのに緑色の大根ってどうやってさがすのよ、と気になりました。

そしてたぶん主人が言ってたのは『ビタミン大根』のことかな?と思いました。


スポンサードリンク

このページの先頭へ